FC2ブログ

KAMIHAGI MECHANIC BLOG

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めてクイックレバーを見てみましょう

2010/04/12 12:15 ジャンル: Category:パーツ
TB(-) | CM(-)Edit

前後輪の脱着に欠かせないのが「クイックレバー」。

大変便利なパーツですが、締め具合や使い方を間違えると重大なケガに直結します。

使い方前輪の外し方は過去のテーマにありますので、そちらを参考にして下さい。


今回は、クイックレバーの構造を解説します。

よくあるクイックレバーはこのような形
100412_1


これを分解すると
100412_2

レバー&シャフト、たけのこバネ×2、ナットの4点に分けられます。

これが実際にフレームにはまっている時は、
100412_3

①レバー&シャフト

②たけのこバネ

③フレームエンド部

④ハブ

⑤フレームエンド部

⑥たけのこバネ

⑦ナット

という順番になりますが、よくある間違いに②⑥のたけのこバネの向きがあります。

フレーム側に向かって細くなります。

×
100412_4


100412_5


これを間違えるとフレームの奥にしっかりとハブが納まらずに、タイヤが斜めになります。

100412_6

順番を間違えている方はいないと思いますが、バネの向きは大丈夫ですか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。