FC2ブログ

KAMIHAGI MECHANIC BLOG

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終手段

2009/12/25 14:29 ジャンル: Category:メンテナンス
TB(-) | CM(-)Edit

みなさんパンクしたことありますよね!?

無い人はラッキーです。

先日当店でパンク修理講習会を開催しましたが、参加された方への説明で、どうしてもチューブが使えない時や、タイヤが切れている時の対処法をお伝えしました。

今回は実際にその実験をしてみました。

その① チューブが使えない時

チューブが切れて大きな大きな穴が開いています。
091225_1


穴より切ってしまい、両端を合わせてギュッと結びます。
091225_2

ホイールに戻しますが、短いのでちょっと大変です。
091225_3

走行できるギリギリの圧力4barまでOKです。
091225_4


失敗・・・

片方づつ結んでみたら、なぜか結び目でバーストしました。
091225_5

チューブが全く無い部分ができるので、走行するとゴツゴツしそうですね。
091225_6


その② タイヤが大きく切れた
(ガラスや縁石の角でこのように切れることがあります。)

ザックリとやられています。このままチューブを入れると「プクー」とチューブが出てきて「パンッ」となります。
091225_7
091225_8


そこでお財布から登場の一万円札!!
091225_9

一万円札を小さく折り畳んでタイヤの内側にSETします。
091225_10

これも4barまで入りました。
これ以上入れると僕の一万円札にも穴が開きそうなので勘弁してもらいました。
091225_11
091225_12

以上、実験してみましたが、絶対に成功する保証はありませんので、各自自己責任でお願いします。

でも知っていて損はしないですよね!?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。