FC2ブログ

KAMIHAGI MECHANIC BLOG

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭がとぶ。なめる。

2009/09/09 19:55 ジャンル: Category:未分類
TB(-) | CM(-)Edit

ちょっと怪しいこの言葉。ネジに関するトラブルで「ネジの頭がとぶ」「ネジがなめる」と言う2例に当てはまる言葉です。

まずネジの頭がとぶ。これはネジを締める時にトルクをかけ過ぎた時に「ぽろっ」と取れてしまうことがあります。

次にネジがなめる。これは締める時にトルクをかけ過ぎた時と、ネジ山が痛んでいるのに無理矢理締めるまたは緩めることでネジ山が崩れてしまう時です。

両方とも自分の自転車で起きてしまったらすご~いショック・・・。すでに体験した方も多いのでは!?

そんな時あきらめるのは早いです。対処法がありますのでご紹介します!



頭がとぶ。

090909_1
090909_2

用意するのは逆ネジタップ
090909_3

そしてネジの真中に穴をあけます。これが意外と難しい。
090909_4

その穴に逆ネジタップを打ち込みます。
090909_5

すると逆ネジタップが食い込みネジがはずれます。
090909_6
090909_7

でも簡単なようでかなり難しい作業で、これでも取れない時もあり、その場合はブログではお伝えできないマル秘なことをするのです。



なめる

090909_8

用意するのは「RECOIL」という専用工具 + 部品
090909_9

まず穴を広げます。
090909_10


そして専用タップでネジ山を再生
090909_11
090909_12

これが「RECOIL」のタネ(通称)とねじ込み工具
090909_13

工具で再生したネジ山に入れます。
090909_14

できあがり
090909_15
090909_16

この「RECOIL」加工はネジ山が痛んだ時だけではなく、ネジ山の強度UPの効果も高いので、こんなパーツにも使用されています。

シマノ アルテグラ フロントディレーラーの 
090909_17

このネジ
090909_18
090909_19

その他シマノパーツには結構多くのRECOILが使用されています。

今回の作業につきましては、状態・場所により料金が変わりますのでご相談下さい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。