FC2ブログ

KAMIHAGI MECHANIC BLOG

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアエンド修整

2009/08/12 10:39 ジャンル: Category:メンテナンス
TB(-) | CM(-)Edit

自転車で走行中に気になることの一つに変速不調があります。
特にリアの変速は近年多段化が進み、今年はついに11段まで登場しました。
これに伴いシビアになった変速調整。何度調整してもバッチリ決まらない時はリアエンド(リアディレーラーを取り付けてあるフレームの一部)のチェックをしましょう。

この部分は転倒などによりリアディレーラーが地面にぶつかると、結構簡単に曲がってしまいます。

最近のフルカーボンフレームはあえて曲がりやすくして、フレームを守るようになっています。

転倒後に変速がもたつく、変な音がする場合は早めにチェックしましょう!

まずはエンド調整器を車体にSETします。
090812_1
090812_2

ホイールに対して上側から目安となる棒をリムに当てて固定します。
090812_3
090812_4

そして棒はそのままで修整器をホイールの下側に移動します。
090812_5
090812_6

すると棒の位置はホイールの上側のリム面を再現していることになるので、この自転車のエンドは内側に大きく曲がっていることになります。
090812_7


ここからは手で修整器を持って「グイ~グイ~」と曲げてやります。
するとピッタリに!
090812_8


実際は何度もチェックしながら少しずつ修整をしていきます。
もちろんホイールに対して左右側も修整していくと、変速がバッチリ決まるリアエンドの出来上がり!!

注意点としては曲がりが大きいエンドは修整しても強度が落ち、走行中に折れてしまうことがありますので、交換可能なタイプ ↓↓ は交換しましょう。
090812_9


下の写真のように交換ができない一体型もありますので確認が必要です。
090812_10

修整工賃  ¥2,625 
          ※会員様(当店でお買上げの自転車のお客様)は上記金額の20%OFFです。

見た目では判断しにくいので、まずはお気軽にご相談ください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。