FC2ブログ

KAMIHAGI MECHANIC BLOG

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッド部 周辺の異音

2010/09/03 12:30 ジャンル: Category:メンテナンス
TB(-) | CM(-)Edit

バイクにおいてバランスをとったり、走ったり止まったりするのに重要なハンドル周り。

今回はその中でも回転を司るヘッドパーツにスポットを当てます。

100903_1


最近はインテグラルと呼ばれる内装ベアリングタイプが多いのですが、機構はノーマルでも同じです。

ベアリングとそれを受けるハウジング押し付けるためのトップキャップ、玉押しと分かれます。

一番多いのはトップキャップのボルトがゆるんで、フレームとステム周辺でガタつくのですが、

100903_2


最近のインテグラルタイプでは、防水性を高めるゴムの滑りが悪くて「キュッキュッ」と鳴る場合があります。

こんな時には魔法の一滴!

ゴムを傷めないタイプのオイルを注すとOKです。

100903_3

※ヘッドパーツのガタつきは、ステムの交換を参照してください。

≪セルフチェックの方法≫
①前輪を5cmほど持ち上げて、地面に落としビビリ音をチェック

②フロントブレーキをかけ、ヘッドパーツとフレームの境目に手を置き、前後にゆすってズレをチェック


注)ホイールのバルブナットが緩んでいると①の時に音が出ます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。